高岡英夫との出会い34【浦野智行さんの歌を聞いた2】

合気の実技を見たときと同じく、高岡先生の話を最前列で聞いていた僕は、浦野さんの様子を見逃すまいと注目していた。

最初に歌ったのはオペラの一節か何か、僕の知らない歌だった。

さすが声楽家だけあって声量も並外れていて、歌もうまい。
ただ、もともと声楽家は、そんな人の集まりなんだろう、とも思った。歌うこと、声を出すことも運動だという発想は、当時の僕にはなかったのだった。

ところが、その認識を一変する出来事が起こる。

(続く)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック