高岡英夫マニアなら手元に置いておきたい一冊

『秘伝』1999年9分号の『高岡英夫の極意学入門』は『第7章 人類魚類化進化論』。
ここでは、高岡先生の口から自身の合気の秘密が明かされる。

●なぜヒョッと触れただけで相手がひっくり返ってしまうのか
●合気をかける時、コンピューターウィルスのように相手の力学的な情報に進入する、とは
●高岡先生が人間を「四肢動物」という理由。それが進化すると、どうなるか
●人類魚類化進化論から見た、達人佐川幸義の意義とはなとがわかります。

そして、1999年9月号には『秘伝』編集部による『高岡英夫「身体意識シンポジウム」 「身体意識」体感空間レポート』があります。
これは東京虎ノ門ホールで行われた、身体意識シンポジウムについて6ページにもわたって書かれたもの。
高岡先生がなぜ、いち武術家や研究者ではなく、会社経営者となったかもわかる内容となっています。


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html