カラダチャンネルに背骨本の記事

カラダチャンネルに背骨本の紹介記事が掲載。
↓こちらから読めます。
https://karadachannel.jp/beauty-health/5872/?amp&__twitter_impression=true

高岡英夫先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスは上がる!』
↓こちらをクリックすると購入できます↓


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

高岡先生のサイン本が再びオンラインで買える!

先日、あっという間に在庫がなくなった高岡先生のサイン本が再びオンラインで購入できることになりました。
↓こちらからです。

高岡英夫先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスは上がる!』
↓こちらをクリックすると購入できます↓
    </iframe>

高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
    </iframe>

運動総研公式サイトに『背骨が通れば、パフォーマンスが上がる!』の告知

運動総研公式サイトに『背骨が通れば、パフォーマンスが上がる!』についての告知が掲載されました。
https://www.undoukagakusouken.co.jp/2104newbook.html


高岡英夫先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスは上がる!』
↓こちらをクリックすると購入できます↓


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

『背骨が通れば、パフォーマンスが上がる!』の正誤表

『背骨が通れば、パフォーマンスが上がる!』に誤表記があり、カンゼンのウェブサイトに正誤表が掲載されています。
↓こちらが正誤表です。
http://www.kanzen.jp/smp/news/n41205.html


高岡英夫先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスは上がる!』
↓こちらをクリックすると購入できます↓


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

書泉グランデに『背骨が通れば、パフォーマンスが上がる!』のサイン本

書泉グランデに高岡先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスが上がる!』のサイン本が販売されています。
オンラインでの注文は、すでに売り切れ。
どうしてもほしい人は、書泉グランデへ急げ!


高岡英夫先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスは上がる!』
↓こちらをクリックすると予約できます↓


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

上級者しか知らなかったトレーニングが公開されています

『背骨が通れば、パフォーマンスが上がる!』を読んだ最初の感想は「高岡先生、そこまで公開されるんですか?!」というものでした。
今まで上級者しか知らされず、上級者が普段取り組んでいる
トレーニングがいくつも紹介されています。
ですから、ゆる体操、ゆるトレーニングに励む者にとって、この本は手元に置いておくべき物です。

まだ購入されていない方は、ぜひお買い求めください↓


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

高岡先生の新刊を少しでも早く読む方法

Kindle版を購入すれば、発売と同時に配信されるので、すぐに読めます。
↓待ちきれない人は、こちらから。



高岡英夫先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスは上がる!』
↓こちらをクリックすると予約できます↓


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

『背骨が通れば、パフォーマンスが上がる!』がリアルサウンドの記事に

リアルサウンドに『背骨が通れば、パフォーマンスが上がる!』の記事が掲載されました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/7295e38b0196700cc8eea5166dcc16ea172cf3ce

↓新刊の立ち読みは、こちらからできます↓
https://realsound.jp/book/2021/05/post-761976.html/210518_sebone01

高岡英夫先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスは上がる!』
↓こちらをクリックすると予約できます↓


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

Kindle版『背骨が通れば、パフォーマンスが上がる!』予約可能に

Kindle版の『背骨が通れば、パフォーマンスが上がる!』も予約できるようになりました。
配信は紙の本を同じく、5月20日です。
↓こちらから配信の予約ができます。



高岡英夫先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスは上がる!』
↓こちらをクリックすると予約できます↓


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

『秘伝』6月号は本日発売

アマゾンでお買い求めの方は、こちらをクリックすると注文できます。



高岡英夫先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスは上がる!』
↓こちらをクリックすると予約できます↓


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

非常識な健康法 これは信じなくてもいいです

今から僕が書くことは、信じなくてもいいです。
なぜかというと、現代の常識とはかけ離れた真逆の健康法だからです。
医師から「そんなのやっちゃダメ」と言われても、なんら不思議はない方法です。
しかしながら、コロナ禍の今、この健康法の絶大な効果を知っている者としては「紹介したほうがいいのでは…」と思い、書くことにしました。
ですから、ここから先は信じなくてもいいです。やった人にしか、その効果はわからないことですから。非常識な方法でも、より健康体になりたい人だけ読み進めてください。

それは昭和初期、肥田春充という巨大な下丹田を持った超人的な男が生み出したものです。
ちなみに高岡先生のお父さんは様々な鍛錬法を研究、実践していて、肥田式の呼吸法もその中にあったということです。
幼少期の高岡先生は、そんなお父さんを身近に見ていて、人はみな呼吸法のトレーニングをするものだと思っていたそうな。ただ、これから紹介する方法は呼吸法ではないので、高岡家で行われていたかはわかりません。そこまでは高岡先生から聞いたわけでもありません。

僕が絶大な効果を感じる健康法は肥田式強健術、八大要件のひとつ「皮膚の強靭」にあります。
具体的には、体を亀の子たわしを使って洗うのです。
たわしを使って体を洗うと肌がボロボロになると思いきや、正反対にツルツルのピカピカになります。洗顔もたわしで行うと、肌がキレイになります。ウソみたいです
。血行もよくなり、体がポカポカしてきます。
肥田が言うには、神経も強くなり、胃腸の働きも盛んになり、頭脳は健全になる、ということです。僕も同じことを実感します。

というのも、皮膚も胃腸も脳神経も発生学でいう外肺葉由来であることから納得できます。
もともと、つながりの強い部位の調子が良くなれば、関連する器官のコンディションが上がっても不思議ではありません。
何よりこれは、やってみればわかることです。
考えてみれば、私たちの祖先は野生動物時代、相当過酷な環境にあったことは想像に難くありません。おそらく私たちは衰えたとはいえ、潜在的にはハードな環境に耐えうる能力を持っていると考えることも可能かもしれません。
私たちはもしかしたら、皮膚を甘やかしすぎているのかもしれません。

僕も、昔からたわしで体を洗う方法があることは知っていましたが、近年になり、やり始めたキッカケは「ひょっとしたら気持ちいいかも」と思ったからでした。
そこでたわしで足の甲や手の甲をブラッシングのようにさすってみたら、かなり気持ちいい。風呂でたわしで洗ってみると、体の部位によって強度を変えると想像していたより痛くなく、気持ちよくできることがわかりました。
数日続けると体も慣れ、たわしで体を洗うことの気持ちよさにハマってしまいました。これほど、爽快感のあることは探してもなかなかありません。
今では、肥田春充と同じく足から頭までたわしで洗っています。
続けていると見る見る皮膚の再生能力が上がり、肌がキレイになってきます。
血行が良くなったためか、朝から気力が湧きあがる感触があります。
昭和初期の頃から、たわしで体を洗うことには賛否両論あったのですが、この健康効果と爽快感はやった者にしかわかりません。

具体的な洗い方は、肥田の書き残したものを引用すると
   先ず、足の先から逆に、上のほうへ擦り上げる。
   腕も手先から上へ擦る。背中もそうだ。腹も胸も、下から上に擦る。
   下に向かって擦るのとは、爽快な感じが一段と違うものである。
   ただ、腹はあとで、臍を中心として円形に、胃部を左右に、
   胸は、乳を中心として円形に、重ねて擦ることにしたい。
   同一場所は3~4回で充分だから、時間は更にかからないのである。
   逆に擦ることが、最上の秘訣である。 (全て、下から上に擦ること)

ということになります。
ちなみに、たわしは日本製の亀の子たわしが一番使い勝手も良いです。

肥田式強健術のたわしで体を洗う方法は長く愛好する人たちがいて、亀の子たわしを製造している西尾商店ではボディ用たわしを販売しています。初心者用の柔らかいものからハードコアな人向けのものまでラインナップがあります
。商品のネーミングを見ると、なかなかゆるんでいますね。

一番柔らかいサトオさん

https://amzn.to/3eEVuV7
これは背中が洗いやすいひも付きタイプのサトオさん

https://amzn.to/2RctwY2

二番目に柔らかいのがタムラさん。ひも付きです。

https://amzn.to/33CQlqk

三番目のものはAmazonではなかったので、四番目の最もハードなもの。

https://amzn.to/3vW9pvZ
普通のたわしです。足裏なら最初からいけますし、膝から下、肘から先ならブラッシングのようにすればかなりの人ができるのではないかと思います。

筋肉も少し柔らかくなる実感があって、西尾商店の公式サイトにはボディたわしによるマッサージ効果の記事が三つあります。

たわしマッサージと専用たわしの種類
https://www.kamenoko-tawashi.co.jp/howto/5387
お風呂で爽快。たわしマッサージ
https://www.kamenoko-tawashi.co.jp/howto/5377
たわしで美脚。足裏マッサージでむくみ、古い角質、冷えを刺激
https://www.kamenoko-tawashi.co.jp/howto/5369

これくらい気持ちがよくて、効果も高く、コスパの良い健康法は、ゆる体操を除いてはそうそうないものなので、非常識なことを承知で紹介しました
。実際にやった人にしかわからないから信じなくてもいいです。
それでもやってみよう、という方は無理せず行ってください。気持ちいい範囲で、どうしてもたわしでできない部分は、手で洗っても構いません。あせらず続けて行うと良いことがあるでしょう。


高岡英夫先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスは上がる!』
↓こちらをクリックすると予約できます↓


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

高岡先生の新刊が一部公開!

↓こちらをクリックして、
https://amzn.to/3exLn4I
下の「出版社より」のところを見ると、「背骨の自由度の開発」「壁柱角縦割脊法」「背骨が固まると連動性はなくなる」などを読むことができます。

高岡英夫先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスは上がる!』
↓こちらをクリックすると予約できます↓


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

『秘伝』6月号予約承ります

『秘伝』6月号がアマゾンで予約可能になりました。
↓こちらから予約できます。


高岡英夫先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスは上がる!』
↓こちらをクリックすると予約できます↓


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

ゆる体操の頂には何があるのか

ゆる体操を学ぶものにとって、一昨日は大きな一日でした。
ついにゆる体操の真の目的が高岡先生によって、一般公開されたからです。
https://www.undoukagakusouken.co.jp/2104musasi.html

剣性宮本武蔵をはじめとした史上最高峰のレベルに到達するためのトレーニングメソッド。
高岡英夫先生から指導を受けていた人間の一部にしか知らされていなかった、ゆる体操の真の目的。

ゆる体操を見て、それを健康体操ととらえるか、スポーツのパフォーマンスアップのためのトレーニングととらえるか、そして真の目的に気づくかは、ほとんど今まで個人の認識力と身体開発能力にゆだねられていました。

一般公開された今、ゆる体操に対してやる気のある方は、ぜひともこの夏「武蔵の剣」にチャレンジしてもらいたいといち受講生として思います。ゆる体操の頂を知るためにも。

高岡英夫先生の新刊『背骨が通れば、パフォーマンスは上がる!』
↓こちらをクリックすると予約できます↓


高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html