介護は考えておくべき いつかその時が来るから

若いうちは、親の介護なんてなかなか現実味もなく、後回しにしてしまいがちな事柄であるけれど、いつかその時が来るのだから、絶対に考えておいたほうがいい。

数年前、両親の介護と見取り、喪主として葬儀などを経験した僕がいうのだから本当の話だ。

運動総研の講座の合間に、親の介護をしている人から「福海さん、介護のことで聞きたいんですけど…」と相談を受けたことは一度ではない。

子育て以上に、介護は様々なバリエーションがあるので、一人や二人の経験が当てはまるわけはないのだけれど、ただ何も知らないより「こんな事もあるんだな」と頭に入れておいたほうがいい。

現在、『シルバー新報』で三砂ちづる先生が『私の医療・介護物語』というのを四回にわたって連載されているので、将来を真剣に考える人は読んでおいて損はないはずだ。

https://www.fujisan.co.jp/product/1281682758/b/1834797/




達人調整のスケジュール【5月と6月】
https://86777562.at.webry.info/201904/article_12.html
https://86777562.at.webry.info/201905/article_13.html
「ここで達人調整の施術をやってほしい」
「ここにゆる体操教室をつくってほしい」
と希望される方は
masato.fukumi@gmail.com
までご連絡ください。

北陸のゆる体操教室については
↓スマホの方
https://s.webry.info/sp/86777562.at.webry.info/intro.html
↓パソコンの方はトップページをご覧ください。
https://86777562.at.webry.info/
★私は、ゆる体操の普及活動をしています★
★当ブロブにおける、アマゾンアフィリエイトの収益は、ゆる体操普及のために使われます★

フェイスブックもやっています
https://www.facebook.com/#!/profile.php?id=100005314335640
ゆる体操の速報が見られるtwitter
https://twitter.com/e_fukumi
高岡英夫先生曰く「アーユルチェアは日本人にとって始めて『家具』になり得た椅子」
↓詳細は↓
http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック