指導員の肩書きに思う

あるサイトに

ゆる体操「生」指導員

と書いてあり、ただの変換ミスだろうが、ちょっと考えさせられると同時に楽しくなってしまった。

これが「ゆる体操聖指導員」だったら、なんかセンターがとても発達しているように感じられないだろうか。
あるいは「ゆる体操静指導員」だったら、下丹田がすごそう。
「ゆる体操勢指導員」なら、裏転子がスプリンターなみに感じられる。

でも、まぁ、「生」で済んでよかったんじゃないでしょうか。りっしんべんが付いた日には、僕はどうしていいかわかりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大澤まゆみ
2014年02月04日 20:23
ゆる体操準指導員の場合、
正指導員ほどのバリエーションは
思いつきませんが、
「ゆる体操純指導員」なんて
初歩的な変換ミスも
初々しくて、かわいいカモしれません。
ちゃっぷん♪
福海正人
2014年02月06日 10:46
どんなにキャリアを重ねても、ハートは純指導員でありたいものですね。
ちゃぷん♪
大澤まゆみ
2014年02月06日 19:30
さすが
ゆる体操“純”指導員試験
あったらぜひ、受けたいものです。
ちゃっぷん♪

この記事へのトラックバック