高岡英夫との出会い その19【初めて講座に参加する編3】

高岡先生は、そのまま会場をまわりながら、各グループにアドバイスをして回っていた。
そして、しばらくすると時間になり、講座が終わると、前に出て受講生に対して話をはじめた。

僕は最初、その声に驚いたのと同じくらい、話のおもしろさに驚いた。
おやじギャグは気になったものの、ボケの幅やそのタイミング、時折見せるおちゃらけぶりは、もともと武術の先生とは全く思えなかった。
UHAの講座の参加者の大半は、関西の人のようだったが、関西人のハートをがっちり掴み取るほどのトークだった。

話の内容は、優れた身体意識を体現するとどうなるか、ということを焼きソバを作る話と絡めて、実にわかりやすく、かつ楽しく解説していた。

講座が終了し、帰りの特急で考えた。
別に変な参加者もいないし、高岡英夫という人はやはりかなりの人なのかもしれない、こうなったら一度、本格的に講座を受けてみようか・・・でも・・・高いしなぁ・・・

それから、何日ぐらいしてからだろうか、DS社からダイレクトメールが来た。

(続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント