福海正人のゆる体操を普及するブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北郷秀樹社長インタビュー第4回【剣道と仕事への影響A】

<<   作成日時 : 2017/09/30 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以下、青字は私、黒の太字が北郷社長です。

剣道歴は何年になりますか?

六十年ほどになります。ゆるトレーニングをやるようになって、年を経る毎に上達しているように感じます。特にこの10年は、いい方に変っていますね。

剣道の稽古は、どのようにされていますか?

私は、早稲田大学剣道部出身なのですが、家の近くに慶応大学の剣道場がありますので、週1、2回を目安にこの2つの道場でやっています。
普段は、毎朝45分〜60分位かけて、ゆる体操をやり、地芯、立ち上がるセンターを意識して、杖での稽古、日本刀を使っての面、小手などの基本打ちと日本剣道形をやっています。この独り稽古が私のいう稽古で、道場稽古は、それがきちんとできているかのチェックを、人で行うものと考えています。

面白い考え方ですね。

道場の稽古で、ただ相手を打った、打たれたと一喜一憂しても、いい動きといい技は身につきませんね。自己流の癖がつくだけです。それよりも「塵も積もれば、山となる」の諺があるように、毎日少しの正しい基本を反復しながら積み重ねていくことが大切ですね。1年すると基本が身体に染みていますね。ゆる体操も全てでなくてよいから、課題とするものをいくつか選び毎日やる事が大切ですよ。習慣にすることです。

講座と剣道はどのような関係になりますか?

講座は「基本のさらに奥にある基本」を学べる所と考えています。ですから講座を受けた週に剣道をやると、動きはいいですね。特に「武協」や「剣聖の剣」の講座の後は、課題を実際に試せます。心身がゆるんでいるせいか、自分が意識しない技がでて驚く時があります。

講座と剣道は、今の生活では切り離せませんね。

そうです。道を歩むなら、基本がきちんと習得してないと、途中でへたばってしまいますね。それは、日常生活にも言えますね。


(つづく 次回は10月8日の予定)

黒田光線を発売しているいってんの北郷秀樹社長のHP
http://www.itten.co.jp/






  • いってん -黒田光線クリーム-


  • 雑誌『安心』や『秘伝』のゆる体操特集でもおなじみ、北郷社長のいってん氣粧品のホームページ
    http://www.itten.co.jp/
    ご注文の際は、知ったきっかけの欄に「このブログを見て」とお書きください。収益の一部は、ゆる体操普及のために使われます。

    ★私は、ゆる体操の普及活動をしています★
    ★当ブロブにおける、いってん氣粧品とアフィリエイトの収益は、ゆる体操普及のために使われます★


    フェイスブックもやっています
    https://www.facebook.com/#!/profile.php?id=100005314335640

    ゆる体操の速報が見られるtwitter
    https://twitter.com/e_fukumi

    http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

    テーマ

    注目テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文
    北郷秀樹社長インタビュー第4回【剣道と仕事への影響A】 福海正人のゆる体操を普及するブログ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる