福海正人のゆる体操を普及するブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北郷秀樹社長インタビュー 第2回【高岡先生と講座の初印象】

<<   作成日時 : 2017/09/17 13:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以下、青字は私、黒の太字が北郷社長です。

話を戻しまして、二十年ほど前でしたら、初めて参加された講座は『極意を教える』でしょうか?

そうです。 

受けられた感想はいかがでしたか?

男の初対面って、少々ツッパリ感があるでしょう。若い頃は特に。そんな事もあって会場の後の方にいました。その回りに結構コワオモテの人達がいましたね。今も一緒にやっている少林寺拳法高段者のK教授がそうでしたね。いかにも武術やっているゾって感じで(笑)。でも会場に高岡先生が入ってこられた瞬間、不思議な存在感とオーラが広がりましたね。それが初対面です。今もはっきりと憶えています。

初めてお話をされたのは?

それは、初日の午前の講座の始まってすぐです。ゆるゆる棒にのり壁に向かって指先をついていた時です。「もっと、腰をゆるめて、丸くして」と腰に触れて姿勢を正していただいた時です。長年、剣道では腰が反り胸が張った姿勢を「堂々とした構え」として教わり育ちましたので戸惑いましたね。「これ不安定なのですが?」と言ってしまいました(笑)

その時に学んだ事は、役に立っていますか?

その初めて教わった腰丸くが、20年経った今、大変重要な事と身体が感じています。8月の「歩道」の講座で、高岡先生に直接腰部に触れていただき「もっとゆるめて、もっとまるく!」と叱咤されながら一緒に歩いていただいた時です。ある瞬間、空中をポンポンと浮いて歩いている感じになりました。皆がそれを見て「オォー!」と言いはじめたのです。「これがセンターに乗って歩く事か」と不思議な自分を感じました。でもその後、一人でやってみても、あの時の感覚になかなかなれないのです。ショボンです(笑)先生はあの感覚で常に歩いているのかと思うと、口惜しいですね。

そうでしたか。『極意を教える』の内容は難しくはありませんでしたか?

それまでに身についた我流の意識の上に、先生から教わった事を貼り付けようとしたので、脳疲労の連続でした。だから羽を白くして習わないといけませんね(笑)


(つづく)

↓黒田光線を発売しているいってんの北郷秀樹社長のHP

http://www.itten.co.jp/



  • いってん -黒田光線クリーム-


  • 雑誌『安心』や『秘伝』のゆる体操特集でもおなじみ、北郷社長のいってん氣粧品のホームページ
    http://www.itten.co.jp/
    ご注文の際は、知ったきっかけの欄に「このブログを見て」とお書きください。収益の一部は、ゆる体操普及のために使われます。

    ★私は、ゆる体操の普及活動をしています★
    ★当ブロブにおける、いってん氣粧品とアフィリエイトの収益は、ゆる体操普及のために使われます★


    フェイスブックもやっています
    https://www.facebook.com/#!/profile.php?id=100005314335640

    ゆる体操の速報が見られるtwitter
    https://twitter.com/e_fukumi

    http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

    テーマ

    注目テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文
    北郷秀樹社長インタビュー 第2回【高岡先生と講座の初印象】 福海正人のゆる体操を普及するブログ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる