福海正人のゆる体操を普及するブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北郷秀樹社長インタビュー 第1回【高岡先生を知ったきっかけ】

<<   作成日時 : 2017/08/31 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以下、青字は私、黒の太字が北郷社長の発言です。

北郷社長が高岡先生を知ったきっかけというのは、どのような事だったのでしょうか?

20年以上前の『秘伝』に二刀を持ってフワッと浮き立つように構える高岡英夫先生の写真がありました。(注 『極意と人間』、『続極意と人間』の連載時、宮本武蔵の二刀を下げた構えを再現した高岡先生の写真が必ず載っていました)

はい。

それを見た瞬間、この立ち姿に対し、どのように攻めて斬ればよいだろうかと考えました。
いくら写真を見続けても、こちらが攻めこんだ瞬間にこちらが斬られている。相手はいなくなっている。そんな時空を感じました。それに氣づき先生の所に電話するのに、時間はかかりませんでした。それがキカッケで高岡先生に入門したわけです。 


そうですか。

又、僕は「ゆるんだ剣道」をする先生の道場に通っていました。その方の姿とダブったのもこの写真でした。 

そういう背景があったのですね。

そうです。今の剣道界では見ることはできない大変不思議な動きをする先生でした。今そのような剣道を見ることができないのは、剣道が競技化して ○×の結果のポイントを追う練習と指導になっているからだと思います。昔は刀を扱うように竹刀を使うというのが普通でした。他にも抜け出た先生達がいましたね。その美しさとスゴサは、今も目に焼きついています。   

達人の先生がいらしたのですね。

そうなんです。今まで多くの方に稽古をお願いしましたが、その達人の先生のような方とやったことはありません。そのくらいすごかった。その先生の道場に血気盛んな早稲田大学剣道部OB12人ほどで10年程通いました。私は若手の部類に入り、先生先輩のお茶組等の使い走りをやらされました。24歳の頃からです。
先生のゆるんだ構えからゆっくりと打ってくる竹刀の動きは分かるのでが、皆さん打たれます。3分で息が上がってしまいます。今の剣道界において3分間で相手の息を上げきる人はいませんね。それでいて構えが美しい。

天才だから真似できない。

そうなんです。その先生がゆるんでいる事は、誰もが分かるのですけど、でもそのゆるみ方と身体と技とをつなぐ奥義が、誰も分からない。ですから同じようにしようとしても誰もできない。 先生は「こう打つのだよ」と簡単に打って教えますが、我々の身体は同じように反応しません。途中の大切な何かが抜けているわけです。当時は「ゆる」「ゆるむ」「地芯、立ち上がるセンター」などの言葉を誰も知らない時です。今でも世間一般の人は知らないようですけど(笑)。

橋渡しがないわけですね。 

そうなんです。誰でもがわかる橋渡しがないのです。その点、極意武術協会の稽古はいいですね。その橋渡しを、高岡先生が本物の極意を通して指導してくださる。先生の言葉と所作に、素直に耳を傾け真似していると、スゴイものが、身体に当然入ってきますね。
今まで続けてきていえる事は、「素直さ」が大切ということですね。「習う」という事は、羽を白くして習わないと、変な色のついた羽になりますね。我流という色ですよ。 
 


羽を白くして習う。いいですね。


(つづく)



  • いってん -黒田光線クリーム-


  • 雑誌『安心』や『秘伝』のゆる体操特集でもおなじみ、北郷社長のいってん氣粧品のホームページ
    http://www.itten.co.jp/
    ご注文の際は、知ったきっかけの欄に「このブログを見て」とお書きください。収益の一部は、ゆる体操普及のために使われます。

    ★私は、ゆる体操の普及活動をしています★
    ★当ブロブにおける、いってん氣粧品とアフィリエイトの収益は、ゆる体操普及のために使われます★


    フェイスブックもやっています
    https://www.facebook.com/#!/profile.php?id=100005314335640

    ゆる体操の速報が見られるtwitter
    https://twitter.com/e_fukumi

    http://www.ayur-chair.com/specialist/takaoka.html

    テーマ

    注目テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文
    北郷秀樹社長インタビュー 第1回【高岡先生を知ったきっかけ】  福海正人のゆる体操を普及するブログ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる